Photoshop等で画像を扱うときに便利な単位を変換する表です。 応用しだいでデジカメ写真をA4に印刷したときの引き伸ばし倍率やAndroid端末の画面横幅なども計算できます。

変換する数値
変換前の単位
変換後の単位

ピクセル(px) –

dpi

ミリメートル(mm)

センチメートル(cm)

インチ(in)


パイカ(pc)


ポイント – photoshop等DTP用(pt)

JIS及びアメリカンポイント(ptjis)


級数(Q)

歯(H)

ピクセル(px) –

dpi

ミリメートル(mm)

センチメートル(cm)

インチ(in)

パイカ(pc)


ポイント – photoshop等DTP用(pt)

JIS及びアメリカンポイント(ptjis)


級数(Q)

歯(H)


計算履歴:

使用例

1. A4サイズ(297 x 210 mm)に300dpiで印刷する時に必要なピクセル数を求める
下記の値で必要な横ピクセル数が計算できます。

変換する数値 変換前の単位 変換後の単位
297 ミリメートル(mm) ピクセル(px) – 300dpi

2. 200万画素(1600×1200) の写真を 300dpiで紙に印刷した時の横幅
下記の値で、印刷時の横幅(mm)が計算できます。

変換する数値 変換前の単位 変換後の単位
1600 ピクセル(px) – 300dpi ミリメートル(mm)

補足

JavaScriptを無効にしている場合は、有効にしてからご利用下さい。
ポイント・パイカは72ポイント=1インチ (Photoshop標準)を基準に計算しています。
小数点以下最低8桁の精度を保証。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA